Pizza 薪の窯で焼くピッツァ

ttl_01pizza

耐火煉瓦の窯と薪の炎

ピットーレのスタッフが割った楢の薪だけを使います。

rPICT2831

ピットーレでは、楢の薪だけを使います。 硬く重く割りにくい。表面のごつごつした皮の中は、きれいな木目と美しい木肌です。 生木でも香りがよく、燃やすとさらにいい香りがします。なんといっても火持ちのよさと、火力の強さ、タール分が少なくきれいに燃えます。 晩秋から冬の始めに伐採し、割って、乾燥させます。

ピットーレのピザ職人は、自分で薪割りをします。なぜでしょう。ピッツァを焼く時には窯の状態をベストに保たなければなりません。でも、その都度状 況は変わります。ピッツァの具は多いか少ないか、枚数は1枚か4,5枚か、連続焼きか1枚だけか、、、などなどその時によって、状況は常に変わります。そ れに対応するには、薪の燃やし方を変えなければなりません。その燃やし方を変えるためにはその時に燃やす薪を選ばなければなりません。細い薪から太い薪ま でいろいろ使い分けるのです。だから、ピットーレのピザ職人は、自分で薪割りをします。薪運びをします。窯の下で最終乾燥をさせます。常にどこにどの程度 乾いた薪があるかを常に把握するために。

wDSC01762

耐火煉瓦を積み上げて作るオリジナルのピッツァ窯です。

limg2287

ピットーレでは、窯は手作りです。基本的な構造はどこのピザ窯でもほとんど変わりませんが、ピットーレの窯は微妙に違います。特に材質は、例えばナポリの窯とは大きく異なります。それは、、、、、ピットーレのピッツァを食べるとその違いがはっきりとわかると思います。

新潟岩原のロッヂパナシアの第1号窯から始まり、各店舗のピザ窯、パン窯、フジロック出店用移動ピザ窯を経て、ピットーレ軽井沢の窯は、手作り窯 14基目になります。それぞれの窯の違いとその場所の環境によって、味もどうしても少しずつ店舗によって違います。それは、それぞれのお店の個性だと思い ます。新潟と長野は湿度がまったく違います。食材も違ってきます。職人の個性も尊重します。だから新たな発見が続きます。ピットーレ軽井沢独自の味もどん どん生まれています。ピットーレの味と、ピットーレ軽井沢の同じ味と違う味をお楽しみください。

ピットーレのピッツァ

ローマでもナポリでもない、ピットーレのピッツァです。

wCIMG3166

ピットーレのピッツァは、軽くてもしっかりとした歯ごたえとパリッと焼いた香ばしさのある生地が特徴です。

pizza580_01

生地、具材のバランス、オリーブオイルの量など、ローマのピッツァ、ナポリのピッツァとは違うピットーレのピッツァをお試しください。

pizza580_02

ピットーレのピッツァは、ピッツァ生地と具材の味をお互いに損なわないようにシンプルです。もっともシンプルなピッツァ『アーリオ』は、ピッツァ生地とト マトソースにニンニクだけですが、それぞれの味のバランスは絶妙です。それにトウガラシをプラスしたピッカンテ、アンチョビをプラスしたマリナーラ、ニン ニク無しで、チーズをプラスしたマルゲリータなど、シンプルなだけに難しい絶妙なバランスと違いをぜひお試しください。 『マルゲリータに始まり、マルゲリータに終わる。』と言われるように、ピットーレのピッツァ、特にシンプルなピッツァをぜひ食べ比べてください。

Pizzaiolo Yutaro Ono

ono

 

Pizzaiolo Isao Tsuji

isao